SetVarTemplateは同じMTタグ群をあちこちに書くとき便利(マクロみたいもん)

SetVarTemplate:今までどう使うのかピンとこなかったけどようやく理解した。
MT4時代からあるタグで今さら感はありつつも自分用にメモのこすーー(^^)

<div class="path">
<mt:Ignore><!-- パスのリンク生成部分(マクロ定義みたいもん) --></mt:Ignore>
<mt:SetVarTemplate name="CREATEPATH">
 <a href="<$mt:WebsiteURL$><$mt:FolderPath$>/index.html"><$mt:FolderLabel$></a> ・・・(M)
</mt:SetVarTemplate>
<mt:SetVarBlock name="this_basename"><$mt:PageBasename$></mt:SetVarBlock>
<mt:If name="this_basename" eq="index">
 <mt:Ignore><!-- indexファイルならパスに自フォルダを表示しない --></mt:Ignore>
 <mt:ParentFolders glue="&nbsp;/&nbsp;" exclude_current="1">
 <$mt:GetVar name="CREATEPATH"$> ←ここが青字部分(M)で置換される
 </mt:ParentFolders>
<mt:Else>
 <mt:ParentFolders glue="&nbsp;/&nbsp;">
 <$mt:Var name="CREATEPATH"$> ←ここが青字部分(M)で置換される
 </mt:ParentFolders>
</mt:If>

</div><!-- /div.path -->

mt:GetVarで呼び出すと、ブロック内に書いた内容そのまま(MTタグは解釈されずに文字列として)で置換されるらしい。
同じようなMTタグ群をあちこちに書く時に便利かも。
つまりマクロみたいなもんやね。Cっぽく書くとこんな感じ?

#define CREATEPATH <a href="<$mt:WebsiteURL$><$mt:FolderPath$>/index.html"><$mt:FolderLabel$></a>

movabletype.jp > テンプレートタグリファレンス > MTSetVarTemplate
http://www.movabletype.jp/documentation/appendices/tags/setvartemplate.html

タグリファレンスを見ると配列やハッシュが使えたりするので、単純な置き換え用途と考えるにはもったいないのかも。もうちょっと勉強してみよう。