ドトール練馬千川通り店(練馬駅の前)

先日練馬駅前のドトールで壁際のコンセントに「ご利用の際は係まで」と書いてあるのを発見!

これはマクドナルドより静かなモバイル環境ゲッツだと思って、別の日、注文のついでにコンセントのことを聞いてみた。

そうしたら、
店員「どのくらい使いますか?」
私「えと、1時間か2時間位。。」
店員「コンセントはどの方にもお断りしているんです。一人に許可すると際限がないので」
私「え?。。。。使う時は声かけてくださいって書いてありますよね?!全員に声かけさせていちいち断ってるんですか?(しかも、断る前に使用時間聞いてるし。。)」
店員「はい、勝手に使う人がいるので張り紙してあります」
私「あっそ。。。」

なんとなく後味が悪い。
「ご利用の際は係まで」の張り紙をみて使えるものだと思いこんだ私がアホなのかもしれないけど、
断る前提なら、
* コンセントのところに「利用をお断りします」と一言書けば良いだけでは?
* 利用予定時間を聞かれてから断られたのが不自然な感じ。全員断っているなら、最初から断ればいいのに。。。

とかね。

私としては、無線LAN環境は2の次でいいから(イーモバあるし)、コンセントの使えるカフェが増えて欲しいなーー。

広告

犬:雨の休日

お休みの日が雨降りだったりすると、飼い主(人間)も退屈だが、犬は本当に退屈そうだ。

ドッグイヤー(人間の1年が犬の7年分)というぐらいだから、1日中家の中にいたら1週間何もしないで寝ていることになるわけである。小型犬なら家の中で遊んで少しは気張らしもできようが、大型犬ともなるとちょっと室内をうろついたからって運動にもならない。今も虫けらのように小さく丸まって希望のかけらもなくふて寝している。お気の毒としかいいようがない。

江戸川乱歩の名前がエドガー・アラン・ポーが由来とは知らなかった

最近のマイブームは電子ブック。iPodにシャーロック・ホームズ・シリーズを入れて電車の中で聞いている。

今日「緋色の研究」を聞いていたら、ホームズが”えどがわらんぽ”の”るぱん”なんかと比べて貰っちゃ困るみたいに言うくだりがあった。なんで江戸川乱歩でルパンなの?と 思ったら大間違いで、エドガー・アラン・ポーの小説に出てくるデュパンという探偵のことらしい。

語感がそっくりなのでWikipediaで検索したら江戸川乱歩の名前はこのエドガー・アラン・ポーをもじってつけたものなんだそうな。 ふ~ん、一つ賢くなったな。

光が丘IMA(ショッピングセンター)わかりにくすぎ

多ジャンルのものを細々買う用事があって、光が丘のIMA(LIVINやダイエー、専門店が集まっている多機能複合型ショッピングセンター)に行ってきた。

IMAは過去何度か利用したことがあるのだけれど、館内が本当にわかりづらくて毎回迷子になる。複合施設なのできれいな形のワンフロアでないこともあるが、なんといっても案内表示が適切にないこと、案内マップがわかりづらいことが原因のように思う。要は、頭の中に全体地図を描けないのだ。

今回はクルマでなく大江戸線で行ったのだけれど、帰ろうと思って駅マークを探すのに一苦労。駅マークに従って進むと、途中で駅マークがなくなってどっちに進めばいいか途方に暮れるといった次第。

もし買い物中に火事や大地震がきたら私は逃げ遅れると思う。コワーイ。