PSPad(フリーの高機能エディタ)設定メモ:ユーザ強調表示機能

pspad最近、PSPad editorを愛用している 。UTF-8限定だが日本語での利用も問題ない。メニューもほぼ日本語化されている。ただ、応用の使い方に関して日本語の情報がなさすぎるので、特にわかりづらかった「ユーザ強調表示」機能について設定をメモっておくことにした。

PSPad.com http://www.pspad.com/en/
ダウンロード http://www.pspad.com/en/download.php

1.まず、ユーザ強調表示の設定(強調対象にしたいキーワードの設定)を行う

(1)[設定]≫[ユーザ強調表示の設定]

※ファイルを開くWindowが表示されるが、最初は存在しないので[キャンセル]で閉じる

(2)以下の各項目を設定する。

ユーザ強調表示の�定

[強調表示名]:MyTXT
ここに入力した名前で設定が保存される。
具体的には、[\PSPad editor\Syntax]配下に、[強調表示名.INI(この例ではMyTXT.INI)]というファイル名となる。
2回目以降は、上記手順(1)でこのファイルを開く

[ファイルタイプの指定]:*.txt
強調表示を適用したいファイルタイプを拡張子で指定する
例えばテキストファイルに適用したければ [*.txt]と入力する。
複数の拡張子の場合は、[,]で分かつ。

[コメントスタイル]
コメントの書式を適用したいものにチェックを入れる。
例えば[/*…*/]にチェックを入れると、
/* ほげほげ */ 全体にコメントの書式が適用される

[行コメント]
例えば[//]と設定した場合、行頭が//で始まる行にコメントの書式が適用される
// ほげほげ

[キーワードに使用できる記号]
デフォルトでは、*や,■☆(全角)などの記号類には、symbol(記号)
の書式が優先的に適用されるが、ここに入力した記号はsymbolの適用対象から除外される。

[タブ1~4]
・強調表示対象にしたいキーワードを入力する。
・同じタブ内に入力したキーワードには同じ書式が適用される。
・後述する[設定]≫[強調表示の設定]で、それぞれのグループに
色や太字などの書式設定ができる

(3)設定を[保存]する。

2.次に、[強調表示の設定]でキーワードに対して書式を設定する

(1)[設定]≫[強調表示の設定]をクリックし、強調表示のセットを選択

・デフォルトの強調表示(PHPとかHTMLなど)の場合:
適用したいセットにチェックを入れる。

・手順1で新たに定義した強調表示の場合:
の一つをクリックで選択し、
[詳細設定]タブ≫[使用するユーザ強調表示]の一覧から、
先ほど保存した強調表示を選択する。(例では、MyTXT)

強調表示の�定(詳細タブ)

(2)[配色]タブを選択し、[配色スキーム][標準の背景色を設定]を決める。

強調表示の�定(配色タブ)

はじめての場合は、好みの[配色スキーム]を選択し、[開く]をクリック。
[配色スキーム]を変更すると全ファイルタイプに反映される。
標準ファイルタイプの場合は、選択した[配色スキーム]にあった配色に変わるが、
ユーザが定義したファイルタイプは変わらない。
ただし、[標準の背景色を設定]で、背景色だけは一括変更することができる。

(3)続いて、キーワードそれぞれについて好みの書式を設定する。

サンプルテキストをクリックし、右側から色や太字・斜体など好みの書式を選ぶ

配色のところに並んでいるサンプルテキストと、手順1で設定したキーワードの対応関係は次の通り。

Comment・・・・・・手順1のコメントスタイル、行コメント
Key ・・・・・・・手順1のタブ1
Reserved Word・・・手順1のタブ2
Keywords2・・・・・手順1のタブ3
Keywords3・・・・・手順1のタブ4
Number・・・・・・ 半角数字(自動認識)
Identifier・・・・ コードエクスプローラーの指定と関係ありそうだけど不明
Label・・・・・・・行頭あるいは、行頭は空白(タブ)に続いて英数字+[:]と書くと
Labelと認識されるようだ。例) hogehoge:
Space・・・・・・・半角スペース、タブ文字
String・・・・・・・不明
Symbol・・・・・・・半角・全角記号(自動認識)。手順1で[キーワードに使用できる記号]に指定したもの、およびコメントスタイルでチェックを入れたものは対象外(キーワードやコメントの書式が優先される)。

これでおしまい。